ホーム センターの概要・活動内容 地球温暖化対策情報コーナー ご意見・ご質問はこちらへ

ECO-1ホーム >> 決勝進出団体 >> 05 京都府立桂高等学校 TAFF「地球を守る新技術の開発」研究班

No05. 小さな生物が地球を救う!〜増加する屋上緑化への警鐘!〜

京都府立桂京都府立桂高等学校 TAFF「地球を守る新技術の開発」研究班

都市のヒートアイランド軽減のため、

高校生が在来種ノシバで屋上緑化。

新技術で水使用量が3分の1に!

●団体紹介

京都府立桂高等学校は、京都市西京区の、桂離宮の近くにある高校です。これまで、農業と環境を結びつけたさまざまな取組を行ってきました。

2008年度から開始したTAFF(Training in Agriculture for Future Farmers)は、文部科学省が指定した2年間の特別カリキュラムです。1グループ8名の班に分かれ、実践的研究を行ってきました。

●応募取組「小さな生物が地球を救う!〜増加する屋上緑化への警鐘!〜」とは?

TAFFの「地球を守る新技術の開発」班は、超節水型の育苗容器「KNC(Katsura Nursery Case)」で、日本在来種のノシバを栽培する「超軽量簡易屋上緑化システム『K-NET』」を開発しました。

従来の屋上緑化や法面緑化には、外来植物が多く使われており、生態系への悪影響が懸念されています。同班は、奈良の若草山で自生種子を採種し、純国産緑化技術の開発に取り組みました。

また、若草山調査のなかで、ノシバが土中の菌(菌根菌)と共生することにより乾燥に強くなることを発見。その耐乾能力を生かすことで、K-NETの節水能力をさらに高めました。K-NET少水化テストでは、従来の屋上緑化の3分の1、セダム(乾燥に強い多肉植物)緑化の2分の1にまで、使用水量を削減できることがわかっています。

こうした研究業績は国際的にも高く評価され、2006年と2009年、「ストックホルム青少年水大賞」に日本代表として出場しました。

若草山で土壌サンプルを採取している様子。このサンプルから菌根菌を抽出します。   K-NETなら、これだけの厚さの土で屋上緑化ができます。軽量で使用水量も少なく済みます。  
2009年8月、ストックホルムでの国際コンテストで発表を行っている様子。節水型都市緑化技術について説明しています。
【主催・事務局】京都府地球温暖化防止活動推進センター

〒604-0965 京都市中京区柳馬場通二条上ル六丁目283番4
TEL:075-211-8895 FAX:075-211-8896
当事業は、環境省「ストップ温暖化『一村一品』大作戦」として実施します。