決勝大会報告
決勝進出15団体の紹介
決勝進出団体の皆さんへ
応募団体募集について
トップページ

きょうとECO-1(えこわん)グランプリとは
「きょうとECO-1グランプリ」は、環境省「温暖化対策『一村一品・知恵の環づくり』事業」の京都府大会です。府内の地球温暖化防止の取組のコンテストを行い、地域の取組を掘り起こして支援し、優れた取組を普及拡大していくことを目的としています。

2007年度は合計 39件のご応募をいただき、「パートナーシップ性があるか」「先進モデル性があるか」「地域の活性化につながるか」「ユニークさがあるか」「地球温暖化防止効果があるか」という視点から、15団体を決勝団体として選出。そして12月8日(土)に決勝大会を行い、グランプリに「京都府立北桑田高等学校 森林リサーチ科」、準グランプリに「京都府立桂高等学校 草花クラブ」と「NPO法人 丹後の自然を守る会」が選ばれました。

また決勝団体には、その取組をさらに推進するため、最大10万円の活動助成金交付(企業による取組・公共団体による取組・他の補助金を受けている取組を除く)と広報支援(プロモーション映像の撮影等)を行いました。



2007年度の事業概要

応募資格

(1)温暖化防止に貢献する京都府内の取組であること
(2)団体であること(市民団体・地域団体・事業者・事業者団体・学校・施設など)。
(3)二次審査(公開審査)に参加できること。

スケジュール

・募集期間  2007年6月1日(金)〜8月31日(金)
・北部説明会 1. 6月26日(火)14〜15時 2.6月30日(土)11〜12時 アスパホール(綾部市)
・南部説明会 1. 6月17日(日)14〜15時 2.6月28日(木)14〜15時 コープイン京都(京都市中京区)
・一次審査  9月13日(木)15〜17時 京都府地球温暖化防止活動推進センター(京都市中京区)
・決勝大会  12月 8日(土)13〜16時30分 パルスプラザ 稲森ホール(京都市伏見区)
・全国大会  2008年 2月 9日(土)〜10日(日) 丸ビルホール(東京都千代田区)

応募団体数

39団体

受賞団体

グランプリ
・京都府立北桑田高等学校 森林リサーチ科
地元の木を使おう〜林業活性化によるCO2排出削減〜

準グランプリ
・京都府立桂高等学校 草花クラブ
地球(ほし)に生きる!〜暑くなる環境に挑む〜

・NPO法人 丹後の自然を守る会
廃食用油回収・活用プロジェクト

審査員(敬称略)

郡嶌 孝 (同志社大学教授)
浅井 利彦(社団法人京都工業会専務理事)
植村 章弘(京都商工会議所産業振興部次長)
栗田 澄子(京都府連合婦人会副会長)
田浦 健朗(NPO法人気候ネットワーク事務局長)
宗田 好史(京都府立大学准教授)
奥谷 三穂(京都府地球温暖化対策プロジェクト副プロジェクト長)
京都府地球温暖化防止活動推進センター(特定非営利活動法人 京都地球温暖化防止府民会議)
〒604-0965 京都市中京区柳馬場通二条上ル六丁目283番4
TEL:075-211-8895 FAX:075-211-8896
当事業は、環境省「ストップ温暖化大作戦〜CO2削減『一村一品プロジェクト』〜」として実施しました。