H29年度HEMS補助金Q&A

平成29年度府民ネガワット発電推進事業補助金に関するよくある質問Q&A
「最新に更新する」←を押してからご覧ください。
(Q質問 A答え)

■対象について
Q1 補助金の枠はどのくらいですか?
A1 800万円の予算となります。最大6万円で、最小130件程度の枠となります。


予約申込及び交付申請の合計が予算枠を越えた時点で受付を終了します。
お早めに予約申込をご提出をされることをお勧めします。

Q2 対象機器はどの範囲ですか?
A2 HEMSの本体及びセンサー類、専用モニター、機器制御のための追加のアダプター等です。
心配な場合は事前に予約申込みをしてご確認ください。

<注意!>よくあるお問合せ。
★対象とならないもの
・Panasonicのスマートコスモのレディ型(HEMS専用ではない為)
・Panasonicの副親機WQH750W(インターフォン用の為)
・ソーラーフロンティアのSF2MHS-0001(機器制御未対応の為)
は、対象になりませんので、ご注意ください。

★対象になるもの
・HEMSと連動する温湿度センサー(省エネに温湿度を利用)
・専用のケーブルなど対象となる場合がございますので、事前に予約申込でご確認されることをお勧めします。

■機器費について
Q3 京都市の補助金を受ける予定ですが、機器費だけだと4万円(税抜)以下になります。補助金はいくらになりますか?
A3 京都市の補助対象は、機器費と工事費が対象になっています。京都府の補助対象はHEMSの機器費のみです。京都市からの補助を合わせて受けることは可能ですが、申請者の負担額を上回らない額での補助金となります。機器費が4万円を下回る場合で京都市の補助金を申請予定の方は窓口まで事前にお問い合わせください。

■環境家計簿・ネガワット発電所長クラブについて
Q4 京都府インターネット環境家計簿への登録は必須となりますか?
A4 京都府インターネット環境家計簿への登録はH28年度から必須ではありません。交付申請時に京都府インターネット環境家計簿のIDを記載いただくか、後日データを紙に記載して提出してただきます。

Q5 ネガワット発電所長クラブへの登録は、環境家計簿との登録とは異なるのですか?
A5 京都府インターネット環境家計簿への登録時に「ネガワット発電所長クラブ(府民ネガワット発電推進事業補助金)□登録する」の□にチェックを入れて登録していただくだけです。京都府インターネット環境家計簿との登録と一緒に登録できます。H28年度から登録は必須ではありません。

Q6 ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業)との補助金の併用は可能ですか?
A6 はい、可能です。HEMSに対する補助金でないため、併用に問題はありません。

Q7 使用量が増えた場合補助金を返還しなくてはいけないのですか?
A7 基本的にご報告いただくことが要件で、削減は必須ではなく努力目標となります。増えた場合でも補助金の返還義務はありませんのでご安心ください。ただし、省エネの目標へ向かって頑張ってください。

Q8 工場の名義でのHEMS契約ですが対象になりますか?
A8 自らが居住する京都府内に所在する住宅(集合住宅を含む、ただし、店舗・事務所等との併用住宅は除く。)」となっておりますので、契約名義が工場では対象になりません。あくまで個人名義の契約でお住まいの家にお付けいただく必要があります。契約、支払、領収書などが申請者ご本人の名義であることが必要です。

Q9 住所変更予定で、交付申請の時点で引っ越しができないのですが、大丈夫ですか?
A9 「住民票と同じ住所の住宅もしくは機器設置後3ヶ月以内に住民票を移転する住所の住宅へ設置した機器であること。」となっておりますので、交付申請時点で住所変更が終わっていなくても大丈夫です。ただし、設置後3ヶ月以内に移転後の住民票のコピーをご提出ください。

Q10 以前京都府の補助金をもらってHEMSを設置したのですが、機器更新を考えています。再度補助金の申請は可能ですか?
A10 補助金は、一世帯1回限りです。生計を一にする他の方の設置でも同一世帯であれば、再度対象になることはありませんのでご注意ください。








TOPページ

センターとは

事業内容

教材や機器の貸出

入会のご案内

寄付のお願い

後援等の申請

連絡先と地図