TOP事業内容環境教育の支援 >夏休み省エネチャレンジ2016 参加者募集

夏休み省エネチャレンジ2016 参加者募集


平成28年度「夏休み省エネチャレンジ」
参加者を募集しています

夏休み省エネチャレンジ」は、
京都府及び京都府地球温暖化防止活動推進センター( 以下「センター」いう。)
が実施する家庭での省エネを普及するための事業です。一人でも学校全員でも参加は可能す。夏休みの宿題や自由課題として、ぜひご活用ください。

■申込用紙・冊子・エコチェックシートは、以下からダウンロードできます。
参加募集チラシ(小学校向け)(436KB)
冊子申込用紙(373KB)


複数部必要な方

◇ 参加者(代表者)名、必要部数、送付先住所、連絡先(電話番号)を明記のうえ、京都府地球温暖化防止活動推進センターに電話・FAX・Eメールのいずれかで申込 ※「冊子申込用紙」でお申込みください。

 tel_sankamail.png


対象府内在住の小学生又は幼児(平成28年4月2日現在、満3歳以上の幼児に限る。以下同じ。)及びその家族 ※主に小学生を想定した内容であり、幼児の場合は、家族が適切にサポートしてください。

■日時夏休み中の一週間

■内容エコチェックシートの省エネ項目に家族でチャレンジ。

一週間取り組んでシートを送ってくれた全世帯に参加賞と、取り組み点数の合計が50 点以上の世帯には、京都府知事から「エコ親子」の認定証を進呈いたします。

目的

地球温暖化防止のためには、工場やオフィスだけではなく、家庭での取組も不可欠であり、家族が一緒に過ごすことが多い「夏休み」に、家族が協力して省エネ等に取り組むことは、地球温暖化防止の推進にとって非常に有意義なことである。昨今は省エネや節電の重要性が高まっており、府民一人ひとりの積極的な取組が必要とされている。こうした点も踏まえ、今年度も「夏休み省エネチャレンジ」を実施することにより、家族全員で省エネに取り組む契機を提供するとともに、具体的な省エネ方法についての情報提供を行い、家庭での省エネ活動の普及を図る。

主催
 京都府、京都府地球温暖化防止活動推進センター

提出期限
平成28年9月9日(金)

実施方法

「夏休み省エネチャレンジ」提出方法※準備中

①夏休み期間中のうち一週間、各家庭において、「エコチェックシート」を利用して省エネの取組を行い、毎日の取組状況を記入

②取組後、エコチェックシートを各家庭から、または学校でとりまとめて京都府地球温暖化防止活動推進センター宛に送付

③全世帯に参加賞と、一定の基準を満たした世帯には「エコ親子認定証」を進呈します。

■更に!「学校等参加キャンペーン」も実施。

 学校単位でチャレンジできる「学校等参加キャンペーン」も実施します。

 二酸化炭素削減量、参加率、平均得点の3つの部門を設け、それぞれ優秀な成績をおさめた小学校等を表彰します。特賞として協賛企業から環境教材の特賞が贈られます。(表彰式は、12月10、11日のいずれかに京都環境フェスティバル内で行われる予定です)

学校参加キャンペーン・特賞について※準備中

特賞は、

のいずれかひとつとなります。

 

■返送時の注意点

・各小学校で取りまとめて返送いただく場合

 1、枚数を数え、結果記入用紙記入 

2、結果記入用紙、名簿、エコチェックシート を

京都府地球温暖化防止活動推進センターもしくは保健所提出

取り組んでいただきましたエコチェックシートは学校で取りまとめていただき、9月9日までに京都府地球温暖化防止活動推進センターへ持参していただくか、学校所在地を所管する京都府の保健所(環境衛生室・環境室)までお送りください。(なお、一部の保健所にはお持込いただくことができませんので、持ち込み可能な保健所の一覧をご確認ください)

※1 別紙として「結果記入用紙」を同封しております。必ずご確認いただき、内容をご記入後、エコチェックシート返送時に同封していただきますようお願い申し上げます。

※2 名簿については、出欠簿などの既にある名簿をお送りいただいても問題ありません。ご提出いただいた名簿を元に認定書を発行します。名簿とおりに認定証の名前記載しますので、体字などのご確認をよろしお願いたします。

 

・個人で参加
  または、学校は配布のみで返送は各家庭で個別に行う場合


 1、個々にエコチェックシートを折りたたみセロテープで封筒にする

2、個々に切手(82円)を貼って郵便ポストへ投函

エコチェックシートを京都府地球温暖化防止活動推進センター9月9日までにお送りいただきますよう児童、またはその保護者へお伝えください。また、その際に切手を貼っていただきますこともあわせてお伝えいただければ幸いです。


-----------------------------------------------------------------------------------

平成27年度の結果等

-----------------------------------------------------------------------------------

平成27年度は18,131世帯にご参加いただきました。

参加学校数は147校、取組期間1週間のCO2削減量は、約55トンにのぼりました。

ご参加ありがとうございました。


<夏休み省エネチャレンジ2015 学校参加キャンペーン結果>

■優秀校

□参加児童率部門(参加児童率第1位)(五十音順)の計12校(全校児童が参加した、参加率100%の学校)

綾部市立上林小学校、綾部市立吉美小学校、綾部市立西八田小学校、綾部市立物部小学校、

宇治市立笠取小学校、宇治市立笠取第二小学校、木津川市立恭仁小学校、

木津川市立城山台小学校、京都市立花背小学校、相楽東部広域連合立笠置小学校、

長岡京市立神足小学校、与謝野町立三河内小学校

□二酸化炭素削減量部門(削減二酸化炭素量第1位)

 城陽市立久世小学校(約1t814kg-)

□平均得点部門(平均得点数第1位)

 宇治市立笠取第二小学校(約92.3点)


★12月13日(日)京都環境フェスティバル内で表彰式が開催されました。

   DSC09402.JPG

■特賞受賞校(五十音順)


・エスペック賞/ゴーヤ先生の授業とみどりのカーテン:

  宇治市立笠取第二小学校(平均得点部門)

  エスペック.JPG


 ・大阪ガス賞/燃料電池実験セット:

      綾部市立吉美小学校(参加児童率部門) 

  大ガス.JPG


 ・京セラ賞/太陽光発電体験キット:

         木津川市立城山台小学校(参加児童率部門)

  京セラ.JPG


 ・ケニス賞/手回し発電機10個セット:

        相楽東部広域連合立笠置小学校(参加児童率部門)

  ケニス.JPG


 ・ホリモク賞京都府産ヒノキ製おんだんかぼうしどうぶつしょうぎ
          20個セット

   城陽市立久世小学校(二酸化炭素削減量部門)

      ホリモク.JPG


         
-------------------------------------------------------------------------------------------
以下 平成26年度の結果等

-------------------------------------------------------------------------------------------

平成26年度は16,962世帯にご参加いただきました。

参加学校数は151校、取組期間1週間のCO2削減量は、約50トンにのぼりました。

ご参加ありがとうございました。


<夏休み省エネチャレンジ2014 学校参加キャンペーン結果>

■優秀校

□参加児童率部門(参加児童率第1位)(五十音順)の計9校(全校児童が参加した、参加率100%の学校)

 綾部市立上林小学校、綾部市立西八田小学校、井手町立井手小学校、宇治市立笠取小学校、

 宇治市立笠取第二小学校、木津川市立恭仁小学校、木津川市立城山台小学校、

 長岡京市立神足小学校、南丹市立鶴ヶ岡小学校

□二酸化炭素削減量部門(削減二酸化炭素量第1位)

 城陽市立久世小学校(約1t661kg[1,661kg]--1位)

□平均得点部門(平均得点数第1位)

 綾部市立西八田小学校(約91点)


★12月14日(日)京都環境フェスティバル内で表彰式が開催されました。


全体写真.JPG



■特賞受賞校(特賞名五十音順)

  • エスペック賞/ゴーヤ先生の授業とみどりのカーテン:

 井手町立井手小学校(参加児童率部門)

井手小&エスペック.JPG


・大阪ガス賞/燃料電池実験セット:

  綾部市立西八田小学校(平均得点部門)

西八田小&大ガス.JPG

  • 京セラ賞/太陽光発電体験キット:

  長岡京市立神足小学校(参加児童率部門)

神足小&京セラ.JPG


  • ケニス賞/手回し発電機10個セット:

 城陽市立久世小学校(二酸化炭素削減量部門)

久世小&ケニス.JPG





    冊子(表)0521.jpg      エコチェックシート(表)052.jpg

 京都府と京都府温暖化防止センターでは、今夏も府内の小学生とその家族を対象として、家庭での省エネ・節電を促進する「夏休み省エネチャレンジ」を実施します。

 関西電力圏内における電気の供給力は、昨夏よりも厳しい状況が見込まれているため、京都府は平成22年度夏比11%減を目標に、7月1日~9月30日(8/13~8/15を除く)の間、各家庭での省エネ・節電を呼びかけています。

「夏休み省エネチャレンジ」は、夏休み期間中の1週間、エコチェックシートに書かれた省エネ項目に家族で取組むことによって、家族みんなで省エネや節電について話合うきっかけにもなります。また、一定の基準を満たした家族は「エコ親子」として京都府知事から認定されます。

 参加者も年々増加しており、11年目となる平成25年度は、前年度比10%増の17,338世帯、141校が参加し、二酸化炭素の削減量も全体で41トンとなりました。


 現在、個人参加、学校参加とも今年度事業の受付は終了しました。ぜひ来年ご応募ください!



-------------------------------------------------------------------------------------------

以下 平成25年度の結果等

-------------------------------------------------------------------------------------------

平成25年度は17,338世帯にご参加いただきました。
参加学校数は141校、取組期間1週間のCO2削減量は、約41トンにのぼりました。
ご参加ありがとうございました。
ecooyakohyousyouh25.jpg
環境フェスティバル2013の学校参加キャンペーン表彰式の様子

<夏休み省エネチャレンジ2013 学校参加キャンペーン結果>

■優秀校

□参加世帯数部門(参加世帯数第1位)

 大山崎町立大山崎小学校(575世帯)

□参加児童率部門(参加児童率第1位)

 綾部市立志賀小学校、綾部市立西八田小学校、綾部市立物部小学校、

 井手町立多賀小学校、宇治市立笠取小学校、宇治市立笠取第二小学校、

 木津川市立恭仁小学校、木津川市立棚倉小学校、京都女子大学附属小学校、

 久御山町立御牧小学校、南丹市立富本小学校、南丹市立摩気小学校、

 南丹市立新庄小学校、南丹市立鶴ケ岡小学校、福知山市立川合小学校

 (五十音順)の計15校(参加児童率100%)

□二酸化炭素削減量部門(削減二酸化炭素量第1位・2位)

 ※大山崎小学校が参加世帯部門でも1位のため、学校参加キャンペーン規定により、

 2位の綾部小学校も優秀校及び特賞受賞校となります。

 大山崎町立大山崎小学校(約1t402kg[1,402kg]--1位)

 綾部市立綾部小学校(約1t360kg[1,360kg]--2位)

□平均得点部門(平均得点数第1位)

 宇治市立笠取小学校(約91.5点)


■特賞受賞校(特賞名五十音順)

  • エスペック賞/ゴーヤ先生の授業とみどりのカーテン:

  大山崎町立大山崎小学校(参加世帯数部門)

ecooyakoh25esp.JPG

  • 大阪ガス賞/燃料電池実験セット:

  宇治市立笠取第二小学校(参加率児童率部門)

  ※参加児童率100%の小学校15校の中から抽選の結果、笠取第二小学校に決定

ecooyakoh25dai.JPG

  • 京セラ賞/太陽光発電体験キット:

  綾部市立綾部小学校(二酸化炭素削減部門)

ecooyakoh25kyo.JPG

  • ケニス賞/手回し発電機10個セット:

  宇治市立笠取小学校(平均得点部門)

ecooyakoh25keni.JPG




-------------------------------------------------------------------------------------------

以下 平成24年度の結果等

-------------------------------------------------------------------------------------------

平成24年度は15,760世帯にご参加いただきました。

参加学校数は123校、取組期間1週間のCO2削減量は、約30トンにのぼりました。

ご参加ありがとうございました。

表彰式の様子と特賞受賞校の紹介はうぉーみんぐ35号でご覧になれます。


hyoushi2012エコ親子認定証

「夏休み省エネチャレンジ」は、府内の小学生とその保護者に、夏休み中の1週間、家族で省エネに

取り組んでいただくものです。 (主に中-高学年生を対象にしていますが、低学年生の参加も可能です)

取り組み結果を「エコチェックシート」に記入し、当センターに送っていただくと、

参加賞と京都府知事からの「エコ親子認定証」が贈呈されます。


なお、平成23年度の参加世帯数は13,699世帯、平成22年度の参加世帯数は8,026世帯でした。

 

【平成24年度も学校参加キャンペーンも実施しました】

この事業にあわせて、学校ぐるみでの本事業への参加を働きかける「学校参加キャンペーン」を

実施しました。

このキャンペーンは

◆参加世帯数、◆参加児童率、◆二酸化炭素削減量、◆平均得点の4部門を設け、

それぞれで優秀な成績を収めた小学校を優秀校として選出し、学校で活用できる環境教育教材を

特賞として贈呈するというものです。

平成24年は12月の京都環境フェスティバルで、特賞受賞校を表彰しました。

hyousyousiki11

 

特賞は環境教育教材を協力企業からご提供いただきました。

平成24年度の特賞はこちら↓

 

■大阪ガス賞(燃料電池実験セット)

osakagas

 

■関西電力賞(グリーンカーテンキット)

SONY DSC

※1教室分になります(写真は一部)

 

■京セラ賞(太陽光発電体験キット)

kyocera

 

■ケニス賞(手回し発電体験キット10個組)

kenis






TOP事業内容環境教育の支援 >夏休み省エネチャレンジ2016 参加者募集


TOPページ

センターとは

事業内容

教材や機器の貸出

入会のご案内

寄付のお願い

後援等の申請

連絡先と地図