事業内容

宅配便「再配達削減チャレンジ!」キャンペーン事業所のみなさんへ活動の面的展開

再配達個人

◎あなたの再配達削減チャレンジ!

あなたのライフスタイルに合いそうな受け取り方法を、実践してみてください。

◎アンケートにご協力ください!

実践してどうだったか、アンケートにご協力ください!
うまく受け取れなかったケースも貴重なデータです。ぜひ事情を教えてください。
【アンケートはコチラから】

◎SNSでの情報発信にご協力ください!

宅配や再配達について思う事や感じたこと、受け取りをして気づいたことなどを、
SNSで情報発信しませんか?
#再配達削減京都 をつけて、「生の声」を発信してください。

みんなでやろう!
再配達削減チャレンジ!
―社会的損失を減らせ!!―

当センターでは、宅配便「再配達削減チャレンジ」の取組を呼びかけています。
近年増加する宅配便と再配達。
宅配ドライバーさんの深刻な人手不足、労働問題・社会問題に繋がっています。
再配達でトラックが走り回る分、CO2も排出されて、地球温暖化にも影響します。
しかし、受け取り手である私たちができる工夫もいっぱいあります。
再配達が減ると、再配達依頼のめんどうな手間も不要になりますね!

★こんなこと、ありませんか?

配達の予定が知りたい! そんなあなたには、
 宅配事業者のお届け通知サービス がお勧めです。
・配達予定のお知らせが、SNSやメール等で届きます。
・配達予定のお知らせを受け取った後に、日時変更ができる場合があります。
・曜日ことに受け取りやすい時間帯や場所を、あらかじめ指定できるサービスもあります。
各事業者さんのサービスについては、直接ご確認ください。
【ヤマト運輸】クロネコメンバーズ
【佐川急便】WEBトータルサポート
【日本郵便】2019年3月18日から、お届け予定通知サービスを開始予定です。
(プレスリリースより)

★こんなこと、ありませんか?

自分の都合で取りに行く方が便利! そんなあなたには、
 自宅以外での受け取り がお勧めです。
■【宅配ボックス】PUDOステーション
ヤマト運輸、佐川急便、DHLジャパン、順豊エクスプレスでご利用できます。
詳細はコチラからご確認ください。
JR二条駅、JR花園駅、JR藤森駅、京阪中書島駅などにも設置されています。
■【宅配ボックス】はこぽす
日本郵便、対応しているインターネット通販やフリマアプリ等の受け取り場所としてご利用できます。
荷物の発送をすることもできます。
詳細はコチラからご確認ください。
京都中央郵便局、北郵便局、東山郵便局、左京郵便局、伏見郵便局、グルメシティ(西大路店、九条東寺店、北山店)に設置されています。
■営業所受取
ご自宅の近くや通勤途中などに、ちょうど宅配事業者の営業所がある方はラッキー!
一度、調べてみませんか?
【ヤマト運輸】宅急便センター受け取りサービス
【佐川急便】営業所受取サービス
【日本郵便】コンビニ・郵便局窓口受取サービス
■コンビニ受取
インターネットで注文をするときにコンビニ受取を指定できることも。
書籍など小さな荷物がおすすめ。
宅配事業者さんのお問い合わせ番号等がわかれば指定できることもあるようです。
詳細は、それぞれご確認ください。
【ヤマト運輸】宅急便店頭受取りサービス
【佐川急便】コンビニ受取サービス
【日本郵便】コンビニ・郵便局窓口受取サービス

★こんなこと、ありませんか?

ちょっとの確認で今すぐできる。
 日時指定で確実に受け取り
・インターネット注文で自宅に配達するときは、できるだけ日時指定をする。
・荷物を送ってくれる人に、自分の都合の良い日時を伝えて指定してもらう。
(自分が送るときも、相手の都合を聞いて日時指定する)
ちょっとの工夫で、できるかも。
 自宅・マンションの宅配ボックス を利用。
・送り状の宛先住所の末尾に「不在時は宅配ボックス希望」と表示すると、スムーズです。
・宅配ボックスに何日も荷物を置きっぱなしにしないようにしましょう。

★インターネット注文を減らして、地元のお店で購入しませんか?

現在、1年間に配達される宅配便は、なんと約40憶個。
配達が増えている原因の一つが、近年増え続けているインターネットでのお買い物。
2017年度には16.5兆円にもなります。
(国民一人当たりに換算すると、約13万円です)
もちろん、インターネットでないと注文できないものもあると思いますが、
中には近所のお店で買えるようなものまで、インターネットで注文していませんか?
地域のお店で購入すると、
地域の経済の活性化にもつながり、
宅配の量も再配達も減らすことができます。

★宅配便の再配達問題について

再配達は「新たな価値を生み出さない労働」です。
あなたの受け取りが便利になると、社会問題(労働問題)も、環境問題も、改善につながって、
社会的損失を減らすことができるのです。
宅配便「再配達削減チャレンジ!」プロジェクト
京都府地球温暖化防止活動推進センター(NPO法人 京都地球温暖化防止府民会議)
※この事業は、環境省平成30年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(地域における地球温暖化防止活動促進事業)の一環で実施しています。