センターの使い方

事業所のみなさんへ

「脱炭素型のステキな京都」には、
再エネ・省エネを進めた
京都の元気な経済活動が必要です。

各種、事業所のみな様への支援策等をご紹介します。

企業の再エネ支援

再生可能エネルギーを設置するときに使える補助金等の情報です。

【中小企業者等】令和4年度 京都府未利用地活用再生可能エネルギー導入促進事業補助金
(ソーラーカーポート等補助金)
https://www.kcfca.or.jp/uul2022/

【中小企業者等・非営利団体等】令和4年度 自立的地域活用型再生可能エネルギー設備等導入補助事業補助金
https://chiemori.jp/smart/support/y2022/r4_saiene.html

【幼稚園・保育園・福祉施設】市民再エネプロジェクトin京都2022
https://www.kcfca.or.jp/project/shiminsaiene2022/

【初期費用0円で太陽光発電を設置したい御社へ】京都0円ソーラー
https://kyoto-pv-platform.jp/plan4busi/

事業用プラン

企業の省エネ支援

企業の省エネ支援
https://www.kcfca.or.jp/project/company-energy-saving/

企業の省エネ支援

【セミナー】

2/20(月)【オンラインセミナー】脱炭素&環境経営でブランド力UP ~京都の元気な中小企業~
参加の事前登録を受付中です。

2/20(月)オンラインセミナー「脱炭素&環境経営でブランド力UP~京都の元気な中小企業~」を開催します

1/24(金) 電気代対策、太陽光で自家消費~「補助金・リース・PPA」導入方法を解説~
当日資料を掲載中。アーカイブ動画の視聴期間は2月20日まで。視聴申込を受付中です。

資料掲載中:1/24(火)【中小企業向けセミナー】電気代対策、太陽光で自家消費~「補助金・リース・PPA」導入方法を解説~

 

事業所の省エネのツボ!
緊急セミナー「事業所の省エネのツボ!」8/4(木)、8/5(金)に開催しました。資料等はコチラ。
https://www.kcfca.or.jp/information/information-16053/

事業所が取り組む理由は?

再エネ100%時代に向けて!

京都府内から流出する光熱費は、年間4000億円以上と考えられます(環境省地域経済循環分析ツールにて算出)。エネルギー利用の効率化と再生可能エネルギー利用により、このお金を京都府域で循環させることが、地域を元気にすることにつながります。

センターは、こうした情報発信と、具体的な省エネ方法のアドバイスで、健全な企業経営と脱炭素社会づくりを目指す中小企業の皆さまを応援します。

※センターでは、京都シニアベンチャークラブ連合会(省エネ研究会)と連携して、中小企業の省エネ診断事業を実施してきました。「京都産業エコ・エネルギー推進機構」が設立され、中小企業支援のワンストップ窓口として活動を開始した後は、同診断事業の申し込み窓口も同機構に一本化されました。2019年4月1日からは、同機構の機能は、一般社団法人京都知恵産業創造の森に統合されています。中小企業の省エネに関心をお持ちの方は、まずはこちらをご覧ください。

>>京都知恵産業創造の森のサイトへ

センターでは、これまでの省エネ診断で得られたノウハウを活用し、環境省補助事業「CO2削減ポテンシャル診断事業」の診断機関として毎年登録し、企業の省エネ活動をサポートしてきました。現在は「工場・事業場における先導的な脱炭素化取組推進事業」(SHIFT事業)になっています。
企業向け診断の大きな特徴は、電力ロガーを用いて、様々な機器のエネルギー消費量を詳細に記録し、これに基づく提案を行うことです。普段は把握することができない、機器別の電力消費量を把握することができます。電力使用のピークをずらすだけでも、基本料金の削減につながります。これまでに、福祉施設、魚の卸業者、ホテル・旅館業者等の診断を行ってきました。

参考リンク

■環境省ホームページ

企業の脱炭素経営への取組状況
https://www.env.go.jp/earth/datsutansokeiei.html

温室効果ガス排出量の算定・報告・公表制度(制度概要)
温室効果ガスを多量に排出する者(=特定排出者※)には、自らの温室効果ガスの排出量を算定し、国に報告することが義務付けられています。
※全ての事業所のエネルギー使用量合計が1,500kl/年以上となる事業者、等
https://ghg-santeikohyo.env.go.jp/about

グリーン・バリューチェーンプラットフォーム
温室効果ガスのサプライチェーン排出量算定(※)・SBT・RE100・WMBなどの「脱炭素経営」に関する情報プラットフォームです。
https://www.env.go.jp/earth/ondanka/supply_chain/gvc/index.html

■環境省近畿地方環境事務所ホームページ

事業者のみなさまへ「カーボンニュートラルって何なん?!~はじめの一歩~」
https://kinki.env.go.jp/page_00003.html

■建物(ビルや工場等)の脱炭素を進めるための参考サイト

環境省:ZEB PORTAL(ゼブ・ポータル)
導入までの流れや事例紹介、補助制度一覧などの情報が掲載されています。
https://www.env.go.jp/earth/zeb/index.html

環境省:グリーンビルナビ
既存ビルの省エネ改修に関する情報サイトです。
https://www.env.go.jp/earth/info/greenbuilding/

■経済産業省ホームページ

省エネポータルサイト:事業者向け省エネ関連情報
https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/index.html#enterprise-section

京都府:建築物脱炭素化推進事業(京都府ZEBアドバイザー派遣事業)※R4年度事業
京都府内中小事業者や市町村に対して、建築物のZEB化や省エネ設備の導入に向け、相談・助言を無料で実施(概ね10件程度まで)。
https://www.pref.kyoto.jp/tikyu/zebadviser.html

■気候変動アクションガイド:ビジネス版

気候変動アクションガイド:ビジネス版
わかりやすい4枚のPDFをダウンロードできます。利用方法はリンク先noteにてご確認ください。
制作:FUKKO DESIGN
協力:江守正多(気候科学者)、夫馬賢治(経営コンサルタント)、岡本基良(環境担当記者)、荒木健太郎(雲研究者)、藤島新也(災害担当記者)、伊藤裕平(TBWA\HAKUHODO アートディレクター)、神之田裕貴 (TBWA\HAKUHODO アートディレクター)、木村充慶(一般社団法人 FUKKO DESIGN 理事/TBWA\HAKUHODO PRディレクター)
https://note.com/fukko_design/n/n295e0b2e2026

(更新:2023年1月26日)